探偵と興信所の大正・昭和時代のイメージ

大正や昭和の時代には、本来の探偵が行う業務はかけ離れた、“推理”や“超能力”“特殊能力”などを使った探偵小説や探偵漫画が流行り、探偵のイメージが現実とは違った方向へ浸透してしまいました。
また、探偵物語の中で登場する事務所の名前は、「○○探偵事務所」とされるものが手広く、探偵に対する疑わしいイメージが付いてしまったのでしょう。

実際には、この時代、探偵は、浮気調査や素行調査、人探し、追跡調査などを個人の依頼者に対する調査を請け負ってあり、興信所は、企業信用調査や採用調査など企業に対する調査を通じていました。
そのため、探偵と興信所では、調査技術や手法に違いがあります。

探偵では、依頼者も調査対象も個人であることだけなので、現在では、GPSを通じて当人を追跡することが多いです。
また、張り込みや尾行、撮影、GPSの設置などの技術に大変優れてあり、全て身分をばらすことなく行動監視します。

興信所では、企業の信用調査や採用調査、市場調査などの対象となる人物に、身分を明かして面談することもあり、取材や聞き込みを通じて調査を進めます。

このように、探偵と興信所では調査項目が違うので、調査を行う手法にも違いがあります。
多くの人がもつイメージとしては、探偵は尾行や張り込みなどの手間のかかる調査を長期間かけて行うので、調査料金も探偵の方が高額になると思われています。
しかし、興信所は企業を対象としているので、規模や技術力に差があり、どちらが費用が高くなるということはありません。
また、現在では、興信所も探偵と同じような手法によって調査を行っているので、探偵と興信所に大きな違いはなくなってある。

以前は、探偵事務所は、浮気調査や家出人の捜索など、個人の依頼者に対して業務を行ない、興信所は、企業信用調査などの企業に対する業務を行うという違いがありましたが、今では、探偵も興信所も大きな違いがなく、各社で得意とする分野があります。
それでは、探偵事務所や興信所では、主に、どんな業務を行っているのか紹介します。

個人からの依頼としては、ほんとに、「浮気調査」が一番多くあります。
愛する旦那や妻が浮気してあるかもしれない、と気づいたら、儚くて悔しくて、毎日、そのことばかり考えて何も手に付かない状態になってしまう。
しかし、浮気は人目のつかないところで受けるので、自分でその証拠をつかもうとしても、素人にはかなり辛く限界があります。
探偵や興信所などのプロなら、緻密な調査から当人の行動を捉える技術があるので、証拠を確実に掴むことができるのです。

個人は、ぶらりと、行方不明になってしまった人を見いだす「家出人の捜索」や居所が思い付か人を見つけ出す「居所調査」も請け負ってある。
これらの調査は、有力な情報だけない状態でも、際立つ情報収集力によって、現在の所在地が判明するケースがほとんどです。

法人から依頼される業務には「企業信用調査」が多く、依頼した企業の顧客がどんな経営状況か調べたり、他社の情報を入手したりする。

また、人員を新規に雇用する際は、「人事調査」として、虚偽の申告をしている人物がいないか身辺調査を行います。
例えば、資格免許が必要な場合に、偽造の資格免許を所持していないか調べます。
また、前科があったり、暴力団とのつながりがあったり、多額の借金を抱えていたりとめるか、雰囲気も調べ上げます。引用